「会社経営」のサイクルを見極め、成長へ導く。
法人保険

■企業経営の4つのステージ

企業規模や事業の拡大とともに、企業のステージも移り変わります。「創業期」「成長期」「転換期」「成熟期」と、企業が永続的に生き残るためには、それぞれが抱える課題やニーズを探り当て、経営環境の変化に応じた柔軟な対策を講じる必要があります。経営者は企業の転換期を認識し、常に経営改革に先手を講じていくことが大切です。

創業期

創業した事業や技術等への熱く強い想いがある一方で、事業創業のため調達した借入金対策や、急な資金ニーズ発生の際の資金確保と市場・顧客へのアプローチを講じながら、従業員の労働環境のインフラを整えていくことが成長への課題となります。

●よくあるご相談
①自分に(経営者)万一があった場合、借入金を含めた事業の精算
②市場顧客へのアプローチに安定性を持たせたい

成熟期

売上が安定し、従業員も定着。次期経営者候補を育成できるように。

●よくあるご相談
①そろそろ事業継承の準備を始めたい

成長期

売り上げと利益の拡大が続きます。それに伴い事業投資への借入金と従業員の雇用も増えてきます。自社の経営資源を最大限に活用しながらも、限界を見極めた経営(対策・改革・方針・準備など)が必要となります。

●よくあるご相談
①決算対策
②従業員福利厚生対策
③業務拡張による創業期加入保険の見直し

転換期

市場成長に陰りがさし、売り上げは横ばい状態が続き、利益率は減少傾向に。事業後継者の決定も考え、経営モデルや事業モデルを見直すことが、新たな成長への鍵となります。

●よくあるご相談
①保障は継続しながら、資金繰りの改善を図りたい

課題解決へ導く専門家とのマッチング
広いネットワークを駆使して、お客様の抱える問題に精通した各分野の専門家をご紹介します。お客様と専門家を結ぶ「接着剤」となり、企業の課題解決へ最短距離で導きます。

士業ネットワークで経営を最適支援!

詳細はパートナーシップサイトをご覧ください。

Copyright(C) TRIM All Rights Reserved.