「会社経営」のサイクルを見極め、成長へ導く。
  • 簡単に自己診断
  • パートナーシップ
  • トップインタビュー
  • 法人保険
  • 法人保険Q&A
  • お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
法人保険Q&A

創業期

Q.万が一、経営者に何かあった時の返済は?
A.事故や病気による入院や高度障害、死亡時など、さまざまなケースを考えた時、すでに受けている借入金の返済を、不動産や設備の売却だけで補うのでは足りません。会社をたたむ場合は従業員への退職金の支払いが、経営者を交代する場合は、銀行口座が一度凍結されてしまうため数年分の運転資金が必要になります。特に銀行からの借入金で成り立つ創業期は、多くの場合約3年は借入金の返済があり社内留保がままならないため、厳しい経営環境を乗り越えるために保険金は不可欠です。
Q.市場顧客へのアプローチに安定性を持たせるには?
A.アプローチの基盤となる一つの大きな要は、経営の安定です。お客様の経営が少しでも安定に近づくよう、株式会社トリムの幅広いネットワークを活かし、会計士や社会保険労務士など経営に関わる専門家を無償でご紹介しています。
Q.創業期において人件費の無駄を省くには?
A.労働分配率や人件費率を割り出し、お客様の業種における、労働時間や社員の配置の適正を判断します。より具体的な対策を考えたいお客様には、抱える課題に精通した社会保険労務士を無償でご紹介します。
Q.決算書から今後の経営戦略を立てるには?
A.保険による効果を最大限に引き出すためにも、決算書はできるだけ確認しますが、経営により深く踏み込んだご相談の際には、ご要望に合わせた税理士を無償でご紹介します。
Q.創業期に必要なブレーンはいませんか?
A.弊社には、厚い信頼のおける数百社もの専門家との取り引きがあります。幅広い職業に必要とされる保険という業種柄得た専門家とのネットワークを駆使し、お客様の事業を支えるのに適任なプロたちをご紹介します。

成長期

Q.決算対応に効果的な保険とは?
A.決算対応にはいろいろな手法や種類があります。法人保険の中には、利益の繰り延べをしながら目的に向かって確実に資金を積み上げる効果のあるものもあります。保険を解約する頃、会社はどうなっているか。今後の事業計画や業界の動向をじっくり話し合い、計画的に加入していただくことが大切です。
Q.従業員福利厚生対策としての保険とは?
A.成長期に入り、社員も増えるにつれ、労災保険ではまかないきれない福利厚生について考える時期がやってきます。経営者と社員が良い関係を築いている場合でも、万が一の事故の時、経営者が対峙するのはその家族。精神的な負担も大きい中で、保険はせめてもの金銭的負担をカバーします。制度のインフラを整えることでもたらされる安心感は、雇用の安定にもつながります。
Q.業務拡張にともなう保険の見直しは必要?
A.企業経営がめまぐるしく変化していく成長期において、創業期に加入した保険の見直しは必須です。会社の存続、取引、従業員の退職金や遺族補償など、さまざまな面で保険による対策を練ることができます。

成熟期

Q.退職金はどれくらい取れるのか?
A.事業が安定してくる成熟期は、事業承継や経営者自身の退職金を考え始める時期でもあります。会社を経営している間は、法人税をはじめとした高い税金を課せられますが、退職の際には、退職金控除が効いて税率は12~13%程度。最も効率の良い退職金の受け取りかたができ、実際に約9割の退職金を手もとに残せます。
Q.自社株の計算はできる?
A.とても複雑な計算になるため、専門家である税理士への依頼をおすすめします。また、必要書類をおあずかりできれば、簡単な自社株の評価を無償で行うこともできます。主に相続の際に意識される自社株の価値ですが、本来は数年に一度計算し、見直し、戦略を練ることが大切です。

世代交代期

Q.事業承継に何が必要ですか?
A.後継者への事業承継とは、つまり株の持ち主を移動することです。経営者は、後継者を役員に任命し、賃金アップや役員報酬の付与などを行い、数年かけて段階的に株を売買するための環境を整えていきます。株が分散している場合には、株主台帳などから株の種類などを含めて総合的に判断し、必要に応じて株主安定工作などに取り組んでいきます。
Q.事業承継のために備えておくべきことは?
A.既加入保険や、借入金など負債相続として残すものがないか、現社長である経営者と後継者で確認し合っておくことが大切です。まずは、事業継承が一朝一夕でできるものではないことをよく理解することが、後継者へのスムーズな引き継ぎの第一歩。主要銀行や会計士との綿密な打ち合わせも、積極的に行っていく必要があります。
Copyright(C) TRIM All Rights Reserved.